「暮らしに寄り添う器」 展 @グリニッチ代官山

f:id:megnews:20170715071649j:image 

世界一予約の取れないレストランと言われた「Noma」や北欧で初めてミシュラン三ツ星を獲得した「Geranium」など、世界各国の名だたるレストランが注文する陶器メーカーとして定評のあるデンマークの「K.H.ワーツ(K.H.Würtz)」。その作品が日本に上陸しました。今回の企画展のためにつくられた器やプレートは、日本未発売のデザインも含めて17アイテム。中には1点ものの貴重な作品も。日本ではなかなか手に入らないこれらの作品をたった9日間だけの特別展示とともに販売いたします。 同展ではグリニッチの本拠地でもある鳥取の民藝「牛ノ戸焼」も並びます。 greeniche代官山店内の一部に日本伝統文化である「茶室」を再現し、「K.H.ワーツ」と「牛ノ戸焼」の器や皿が共演します。また、コーヒーラボ lab.LABAR では会期中スペシャルドリンク「抹茶ラテ」を販売いたします。使うことで喜びの増すうつわとの出会いを探してみてください。

 

Scene
greeniche代官山の一部が茶室に!? 展示の様子を少しだけご紹介

f:id:megnews:20170715071640j:image

 

Special
期間限定の特別展示

f:id:megnews:20170715071750p:image

Special 1
K.H.Wurtz
デンマーク コペンハーゲンから200kmほど離れたユトランド半島ホーセンスにある、父アーゲ・ワーツ(Aage Würtz)とその息子キャスパー・ワーツ(KasperWürtz)の陶芸工房。父のアーゲによって1980年代に設立するも時代の流れに合わず一旦閉鎖しましたが、その後2000年に息子のキャスパーとともに親子で再開しました。“作り手が表に出ず、使い手が使うためのものづくり”を信念に作品を作り続けています。現代的な美学を持ちながら、昔ながらのろくろ成形と釉掛けの手作業で生み出された器は、独特なテクスチャーやニュアンスを持ち、まるで自然が生み出したかのような印象を受けます。

 

f:id:megnews:20170715071837j:image

Special 2
牛ノ戸焼
天保年間に鳥取市河原町で開窯された「牛ノ戸焼」は、古くから日用雑器を焼いてきましたが、昭和初期(4代目の時代)に一時衰退の危機を迎えました。その際、民藝運動の中心となった柳宗悦鳥取県出身で医者の吉田璋也、イギリスの陶芸家バーナード・リーチ(Bernard Leach)らが指導にあたり、窯を絶やすことなく現在も継承されています。新作民藝の象徴ともいわれ、絶妙な色の染め分けが特徴ですが、芸術性より実用性に重きを置いたものづくりは今も健在です。

f:id:megnews:20170715071640j:image
Special 3
茶室の演出
K.H.ワーツは、日本とデンマークの融合とも言うことができます。そんな融合を目で見て楽しんでいただけるよう、和の伝統文化「茶室」の空間を店内に再現します。畳の上で抹茶を点てたり、花を活ける。そんな空間に自然と溶け込む「K.H.ワーツ」をご覧いただけば、日本の器の影響を受けているという話にも頷けます。
それに合わせて、コーヒーラボ lab.LABAR では会期中スペシャルドリンク「抹茶ラテ」を販売いたします。
K.H.Wurtzと牛ノ戸焼
一見関わりのないように感じる二つの陶器。実は「バーナード・リーチ」というキーワードでつながります。バーナード・リーチは日本の民藝運動にも深く関わったイギリス人陶芸家。アーゲ・ワーツはバーナード・リーチの工房で学んだ経歴を持ち、牛ノ戸焼も同氏の指導を受けています。グリニッチの地元鳥取県と親しみのあるデンマークがこのようなかたちでつながっていたことに喜ばしい思いです。

 

「暮らしに寄り添う器」展
-日本の影響を受けたものづくり-
2017.07.15(SAT) - 07.23(SUN)
(水曜定休日)


日時:2017年7月15日(土)- 7月23日(日) 11.00 - 19.00(水曜定休日)
場所:グリニッチ代官山 東京都渋谷区猿楽町29-10 HILLSIDETERRACE代官山C棟
入場無料
お問い合わせ:株式会社グリニッチ 03 6416 5650

 

 

 

 

 

Helsinki Design Week 2017

f:id:megnews:20170825214313j:image

Helsinki Design Weekが、今年の主要イベントコンテンツを発表しました。北欧諸国最大のデザインウィークとして知られ、 今年は9月7日から17日の11日間フィンランドヘルシンキにて開催されます。 トラム上で実施するAfter-Work Design Discussions、Data-Driven Design Dayなどが誕生し、 そして世界のデザインウィークのネットワーク「World Design Weeks」のサミットには、世界中から様々なデザイン関係者が集結します。

HDW HOP City Installations
ヘルシンキ中心部に巨大インスタレーションが設置され、未来都市はどのように造られるか、どのような都市空間を新たに住民に提供できるかなど、 クリエイティブな視点から見た都市開発の研究テーマについて意見を交わします。インスタレーションはKasarmikatu通り沿いに設置され、 ヘルシンキの有名建築家 Virkkala de Vochtによってデザインされたインスタレーションも登場。天蓋の下に建てられる空間で、 公共の都市空間の利用についてアイデア交換します。デンマークのデザインスタジオ「Space10」と、建築家のSine LindholmとMads-Ulrik Husumによって設計された 「The Growroom」のデータと図面を一般公開し、誰もが独自の「Growroom」を作成し都市農業の将来の可能性を広げます。

f:id:megnews:20170825213851j:image

Design Diplomacy
例年人気があるDesign Diplomacy ディスカッションは今年も引き続き開催され、10ヵ国の大使館が一般公開される予定です。 (参加国はイギリス、スウェーデンノルウェーアイスランド、オランダ、ベルギー、デンマークオーストリア、イタリア、スペイン) 各国のデザイン専門家がフィンランドのデザイナーと交流。 講演者には、デンマークのLe Klint Kim Weckstrøm Jensen、 スウェーデンの建築家Joel Karlsson、そしてイギリスからは、デザインデュオAudrey SamsonとFrancisco Gallardが登場予定です。

 

© AINO HUOVIO

HDW Architecture Day
Eero Saarinen名誉講演会は、フィンランド建築博物館でHDW Architecture Dayの一環として開催されます。 国際的に成功した若手建築家が、仕事、キャリア、反響について講演します。 さらに、Ruukki Unbelievable Challenge 2017 建築コンペが紹介される予定です。

 

Design Market
北欧諸国の最大のデザインマーケットは、昨年リリースされたシーズン作品や、 試作品をお手頃な価格で購入出来る機会を提供するイベントで、Cable Factoryで開催されます。 Freda Flower Marketとscrap restaurant Loopを含む約200店舗が並びます。

18558978_10155216816484462_960542411918976021_o.jpg

PechaKucha Night
写真1枚につき20秒 ✕ 20枚のプレゼンテーション。東京に拠点を置く建築家 Klein Dythamのプレゼンテーションコンセプトに 基づいたトークセッションが開催されます。

18527485_10155216826009462_7840738374295337016_o.jpg

WDW Summit
World Design Weeksは、世界中のデザインウィークが集結して生まれたインターナショナルネットワークです。 クラリオンホテルヘルシンキで、ヘルシンキにて初めてのサミットを開催。デザインの知識を持つ人々によるグローバルコミュニケーション、 理解、教育など、世界の繋がりを高めることを目指しています。 知識、リソース、ベストプラクティスを共有し、 製品やアイデアの交換、持続可能な発展、個々のデザインイベントの成長を促進します。

 

〈情報ソース〉

http://tokyodesignweek.jp/designboom/world_design_weeks/009508.html

 

広告を非表示にする

「くまのパディントン」作者が91歳で死去

f:id:megnews:20170702084514j:image

くまのパディントンの生みの親 マイケル・ボンドさん
写真:Shutterstock/アフロ

 

児童小説「くまのパディントン」シリーズの作者マイケル・ボンドさんが6月27日(現地時間)、英ロンドンの自宅で死去した。91歳だった。出版社ハーパーコリンズの発表によると、先日から体調を崩していたという。

 1926年、英バークシャーニューベリーに生まれたボンドさんは、英BBCのカメラマン時代にパディントンの着想を得て、58年に処女作「くまのパディントン」を発表。ペルーからロンドンにやってきた、ママレードジャムが大好きなくまの物語は、世界40カ国語以上に翻訳され、シリーズ全26作で3500万冊以上を売り上げた。そのほか、元刑事パンプルムース氏と元警察犬ポムフリットを主人公にしたグルメミステリーシリーズなどを計150作が出版。この世を去る直前まで筆をとっていたという。

 「くまのパディントン」シリーズ最新刊「Paddington's Finest Hour」が今年4月に出版された際には、英ミラー紙のインタビューで「パディントンは私と一緒に来てくれるでしょうね、天国でも地獄でもどこへでも。もし私が地獄行きなら、一緒に来てくれと言うのは気が引けますが」と語っていた。

 2014年の映画「パディントン」に主演した俳優ヒュー・ボネビルは、「愛すべきマイケル・ボンドさんが生み出したユニークで愛らしいキャラクターの2作目の映画の撮影最終日に、訃報を知ることとなり非常に胸が痛みます」と声明を発表。「パディントン2(原題)」は12月にイギリスで公開を予定している。

 

〈情報ソース〉

http://eiga.com/news/20170630/19/

フィンランドの教育「いじめはどこでも起きる」前提で対応

<やる気がカギ フィンランドの教育>(上) 教育立国を自任し、国際的な学力調査「PISA」でも好成績を収めてきた北欧のフィンランド。約十年ぶりに改定された学習指導要領は子どもたちの「やる気」の育成に重点を置き、昨秋から小学校での実施が始まった。五月半ばに訪れた教育現場の様子を二回にわたって紹介する。(竹上順子、写真も)
楽しんでこそ身につく「考える力」

 首都ヘルシンキの隣、車で約三十分のエスポー市にある小学校。一、二年生クラスでは児童八人が、二、三人ずつのグループでボードゲームに興じたり、テントウムシ形のおもちゃを走らせたりしていた。

 遊んでいるのではない。「プログラミング」の学習の一コマだ。指導要領の改定で、昨秋から必修化された。IT社会で求められる基本的な技能との位置付けで、日本も二〇二〇年度から小学校に導入する。

 校長のミッコ・レッパネンさんは「ボードゲームは論理的思考を学べる。おもちゃは、あらかじめ指示した動きをする教材。ともにプログラミングの基礎につながります」と説明する。楽しい活動を「つかみ」に授業を進めていくことは、よく行う工夫だという。

f:id:megnews:20170626171745j:image

ボードゲームで論理的思考を学ぶ子どもたち=フィンランドエスポー市で
 新指導要領は、これからの時代に必要な知識や問題解決能力の獲得に加え、学びへの興味や、やる気を高めることを「ゴール」とする。「面白い」と感じることで「もっと学びたい」という気持ちが芽生える、そんな好循環を描く。

 その狙いは「学び続ける人」を育てること。急速な技術革新やグローバル化が進む社会では、学校を卒業した後も知識や技能の更新は必須。国家教育局のティーナ・タハカさんは「大切なのは考える技術を身につけること。そして、それは自分から勉強して得られるものです」と説く。

 何を学ぶか、だけではなく、学び方の学習が今、求められている。新指導要領が定める「事象に基づくテーマ別学習」も、学ぶ力の育成を目指す。と同時に「子どもたちの個別の学びへの支援も必要です」と教育文化相のサンニ・グラーン=ラーソネンさん。「どの子にも学校で成功体験をしてほしい。大切なのは、子どもたちの幸福だから」
     ◇ 

 子どもの「やる気」を高めるため、工夫を凝らす教師たち。二十七日掲載の(下)では、教師が力を発揮できる仕組みを紹介する。
◆いじめ対策、9割超の学校でプログラム

 フィンランド政府は、いじめ対策にも力を入れる。いじめは子どもたちの幸福や安全な学習環境を損なうとの考えからだ。2009年から、対策プログラムを本格的に導入した。

 プログラムは政府の要請を受けた大学が教育現場を調査し、科学的な研究に基づいて作成。いじめの場面で多数を占める「傍観者」となる子を減らし、いじめを防ぐ側にどう導くかに重点を置く。授業に加えてオンラインゲームを活用。実際にいじめの場面に遭遇した場合、どう行動すればいいかを個別に学ぶ。

 「いじめはあってはならない」「学級運営の失敗」と見なされがちな日本と違い、フィンランドでは、いじめはどこでも起こるとの共通認識がある。いじめが分かった時は担任に抱え込ませず、学校内のチームで対応するのが特徴だ。

 国内の9割超の小中学校がプログラムを実施。いじめ件数の減少といった効果が出ているという。

フィンランド> 人口約550万人。義務教育は6歳のプレスクールと7~15歳の総合学校(小中学校に相当)。2014年に義務教育を修了した生徒の進学先は高校52%、職業学校42%。高校卒業後は大学(全国14校)、職業学校卒業後は応用科学大学(同26校)への進学が多いが、コース変更もできる。学費は大学院まで無料。給食費は高校まで無料。

 

〈情報ソース〉

http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201706/CK2017062302000196.html

フィンランド発バッグブランド「ルミ(LUMI)」が本格上陸

 f:id:megnews:20170617003453j:image

フィンランド発のバッグブランド「ルミ(LUMI)」が、日本に本格上陸する。バッグや革小物などの企画・輸入卸売業を営む元林が日本の代理店を務め、東京ビッグサイトで6月16日まで開催している見本市「インテリアライフスタイル展」で商品を展示している。

 「ルミ」は、「ラルフ ローレン(Ralph Lauren)」でバッグデザイナーをしていたフィンランド出身のサンナ・カントラと、「ティファニーTiffany)」の時計部門でアートディレクターを務めたフランス人デザイナーのブルーノ・ボーグランの2人が手掛けるバッグブランドで、フィンランドヘルシンキを拠点に活動。ブランド名は、2000年に初めて共同製作した真っ白なフェルト生地のバッグに、フィンランド語で「雪」を意味する「ルミ」を名付けたことに由来している。レザーを用いたクラシカルでシンプルなデザインが特徴で、バッグだけではなく財布や小物なども展開している。近年は「マリメッコMarimekko)」といったフィンランド国内のブランドとのコラボレーションを行い、ヘルシンキ最大の百貨店「STOCKMANN」のバッグ売り場ではマリメッコの隣にルミのショップインショップが展開されるなど、国内での認知を確立している。現在は世界25カ国以上で商品が取り扱われている。

 日本では代表的なバッグ「SUPERMARKET BAG」をはじめ、手触りの良い柔らかなシープスキンナッパを使用した革小物ライン「VIVID LINE」や、高品質なレザーを使用したバッグ&小物の限定ライン「LIMITED EDITION」、シンプルなデザインが特長でブランドの原点と位置付ける「NATURAL LINE」などを展開。国内におけるクリエーティブディレクションは、これまでにマリメッコや「イルビゾンテ(IL BISONTE)」といったブランドを日本に誘致したパノラマの泉英一代表が手掛ける。まずは泉代表によるセレクトショップデスペラード(DESPERADO)」のポップアップショップで取り扱い、来年以降は直営店の出店を視野に入れている。

f:id:megnews:20170617003526j:image

画像: LUMI

 

〈情報ソース〉

http://news.line.me/image_link/oa-fashionsnap/fb199ed0b968

 

Elämäプロジェクト 〜フィンランド×日本 教育・働くこと・生きることにおいて「本質」を追究し発信するプロジェクト〜

f:id:megnews:20170613235903j:image

 

株式会社リブイノベーションの新プロジェクトをご紹介します。

「Elämäプロジェクト」
Elämäとは、フィンランド語で「人生、生き方、命(Life)」という意味。

プロジェクトの第1弾として、「Elämäチャンネル」という番組を、YoutubePodcastで配信中。

フィンランド出身と日本出身の2人が「本質的な生き方」のエッセンスを紡ぎ出して発信しています。

詳しくはこちら→https://www.facebook.com/elamajp/

 

イケアが北欧フレグランス「BYREDO」とコラボ

 「イケア(IKEA)」が、スウェーデン発のフレグランスブランド「BYREDO」の創業者兼クリエーティブディレクターを務めるベン・ゴーラム(Ben Gorham)とのコラボレーションを発表した。コラボレーションの詳細について現時点では明かされていないが、発売は2019年を予定している。

f:id:megnews:20170613225015j:image

 ストックホルムで2006年に設立されたBYREDOは、香水やボディーケア製品、ホームフレグランスなどを展開。イケアのデザインマネージャーを務めるMarcus Engmanは今回のコラボレーションについて「イケアでは香りが家で人々にとってどのような重要な役割を果たすのか大いに関心を寄せている。香りは安心感や親密さ、くつろぎをもたらすものだが、『家』が持つ香りとはどのようなものなのか。そして『香り』はキャンドルなどのインテリアの域を超えてどのように伝えられるのだろうか」と問いかけ、BYREDOと組むことで香りについてより探求していきたいとしている。BYREDOのベン・ゴーラムは「インターネットの出現などによりデザインが人々にとって非常に身近なものになった世の中で、香りがあまり重要視されていないように感じている。今回イケアと協業し『invisible design(=目に見えないデザイン)』に挑むこと、そして人々が香りについて改めて考える機会を創出することをとても楽しみにしている」とコメントを発表している。

画像: IKEA

 

〈情報ソース〉

http://www.fashionsnap.com/news/2017-06-13/ikea-byredo/