読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こだわり家具屋の店主がIKEAの創業者を誘拐、珍道中描く北欧映画

映画『ハロルドが笑う その日まで』が、4月から東京・恵比寿のYEBISU GARDEN CINEMAほかで公開される。

f:id:megnews:20160511212645j:image

同作のあらすじは、ノルウェーで小さな家具店を40年にわたって営んできたハロルドが、イケアの創業者であるイングヴァル・カンプラードの誘拐計画を決行するというもの。こだわりの家具を作り続けてきたものの、イケアの大型店舗がオープンしたことによって閉店に追い込まれたハロルドと、地位と名誉を手に入れた時代の寵児であるカンプラードという対称的な境遇の2人と、誘拐計画に加わる孤独な少女エバによる道中の模様がユーモラスに描かれる。

店だけでなく最愛の妻も失ったことで自暴自棄になるハロルド役を演じるのはビョルン・スンクェスト。実在の人物であるカンプラード役にはビヨルン・グラナートがキャスティングされている。

http://www.cinra.net/news/20160104-harold