読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ehkä söpö』から“オーガビッツプロジェクト”と“HELMi nordic line”コラボレーション商品販売

株式会社キャン(本社:東京都中央区銀座、代表取締役社長:立花隆央)が展開するレディースブランド『ehkä söpö』と繊維専門商社の豊島株式会社(本社:名古屋市中区錦、代表取締役社長:豊島半七)が展開する“オーガビッツプロジェクト”はNaoto Niidome氏の手掛ける北欧デザインで人気の“HELMi nordic line”(ヘルミノルディックライン)とコラボレーションし、2016年4月22日(金)からTシャツを発売いたします。

 
今回発売されるTシャツには、HELMi nordic lineの<rytmi(リズム)>と<punos(プノス)>と<HERTTA(ハータ)>という柄を使用しており、袖口にふんわりとしたフレアが入ったものとすっきりしたシルエットのものをご用意いたしました。
 
使用している生地には綿70%ポリエステル30%内のオーガニックコットンが20%使用されており、UVカットや吸水速乾の機能も兼ね備えており、これからの季節に活躍してくれるアイテムになっています。
 
~豊島(株)が展開する“オーガビッツプロジェクト”とは~
 
日本で最も多くのアパレルブランドが参加するオーガニックコットン普及プロジェクト。オーガニックコットン100%にこだわらず10%の商品を100倍の人に届けるという「逆転の発想」で現在約90ブランドが参加し、年間約90万枚のアイテムを生産しています。その活動は原産国農家やNPO法人の支援へ拡大し、一枚の服を通してお洒落に参加出来る社会貢献活動としても輪が広がっています。
 
従来の栽培方法で生産されている綿花には、世界中で使用されている殺虫剤の約15%、農家の約7%が使用(出典:Textile Exchange)されており、土壌汚染、環境問題等様々な問題を内包しています。一方、オーガニックコットンとは、農薬や化学肥料を3年以上まったく使用していない農地で、有機栽培された綿花を指します。オーガニックコットンの需要が高まることで、従来の栽培方法による綿花栽培が減少し、上記の問題が改善されていくことが期待されます。
 
■販売概要
発売日:4月22日(金)
販売型数:3型
販売場所:全国のehkä söpö取扱い販売店
当社 ECサイト「CAN ONLINE SHOP」(http://www.canshop.jp/)※5月中旬販売予定
 
■商品詳細
【HELMi nordic line rytmi柄 Tシャツ】
カラー イエロ/グリーン/ブルー
サイズ フリー
価格 2,900円+税
<rytmi(リズム)>
沢山の可愛い実のような花が、枝先についてリズムを取るように囁きのように、控えめに微笑んでいる様子を表現しています。
フェミニンな香りを漂わせながら、あちらこちらに花粉に願いを込めて、飛んでいく様子も伺えます。
 
【HELMi nordic line punos柄 Tシャツ】
カラー イエロ/レッド/ブルー/ブラック
サイズ フリー
価格 2,900円+税
<punos(プノス)>
プノスとは編む、構築するといった構造的様子を表現しています。
経糸と緯糸で、一枚の生地を織るという意味もあります。
 
【HELMi nordic line HERTTA柄 Tシャツ】
カラー ホワイト/グレー/ブラック
サイズ フリー
価格 2,900円+税
<HERTTA(ハータ)>
ハータは心からの感謝や世界平和を願う意味を込めました。混沌とした今、皆で心を1つにして楽しく生きていきましょう、とお花畑をイメージしました。
花々には花弁にハートを取り入れて、幸せを運んでいます。
 
『ehkä söpö』からオーガビッツプロジェクトとHELMi nordic lineのコラボ商品販売