コペンハーゲンがお手本! マンネリコーデを解消するTシャツやアクセ、ヘアアレンジ術。

デンマークの首都コペンハーゲンで開催されたファッションウィークでストリートスナップを実施。今の季節に取り入れたいTシャツやアクセ、ヘアの簡単アレンジ術が溢れていました。デイリーコーデにマンネリを感じた人はぜひトライしてみて!
デンマーク国旗を取り入れたファーポケットがユニーク。

f:id:megnews:20170815182028j:image

オリエンタル柄のドレスはホワイトTロングネックレスで魅せるバックスタイル、簡単に真似できそう!を合わせてカジュアルに。 

f:id:megnews:20170815182052j:image

ロングネックレスで魅せるバックスタイル、簡単に真似できそう!

f:id:megnews:20170815182222j:image

夏のロックTは肌見せで抜け感をプラスして。

f:id:megnews:20170815182250j:image

トレンドのメッセージTに合わせるアクセはシンプルがちょうど良い。

f:id:megnews:20170815182254j:image

エストから覗かせたストリートシックなスカーフがクール!

f:id:megnews:20170815182300j:image

J.W.アンダーソンのシューズ、“お揃い”がドレスコードです。

f:id:megnews:20170815182307j:image 

またまた発見! 足もとの“ツインコーデ”はインパクトが狙える。

f:id:megnews:20170815182318j:image

ミントブルーのギンガムチェック柄が爽やかさを誘う。

f:id:megnews:20170815182350j:image

さりげないけれど目を引く、ポニーテールの上級者テク。

f:id:megnews:20170815182403j:image

 

Photos: Soren Jepsen

 

〈情報ソース〉

https://www.vogue.co.jp/collection/trends/2017-08/12/copenhagen

 

 

 

 

 

 

 

北欧ウオッチ「トリワ」日本初のオンリーショップがOPEN

北欧ウオッチ「トリワ」日本初のオンリーショップがOPEN

f:id:megnews:20170812230550j:image
 スウェーデン発のウオッチブランド「トリワ(TRIWA)」が、日本初のオンリーショップをノルディック フィーリング(NORDIC Feeling)表参道ギャラリーの2階に出店する。現在プレオープンしており、グランドオープンは8月24日。

f:id:megnews:20170812230622j:image

 トリワは2007年にストックホルムでスタートしたブランドで、時計やアクセサリーを展開。ブランド名は「Transforming the Industry of Watches(時計業界に革新を起こす)」の頭文字から名付けられた。従来は全国の時計店やアパレルショップなどで展開していたが、今年でブランド創立10周年を迎えることからオンリーショップをオープンしたという。

 f:id:megnews:20170812230604j:image

 ペールトーンのピンクがベースの店内には、ネオンサインのロゴやストックホルムの風景写真などを設置。スウェーデンのフラッグシップショップと同様に、ウオッチやサングラスが展開される。

 

〈情報ソース〉

https://www.fashionsnap.com/news/2017-08-09/triwa-tokyo/

新世代トゥルーワイヤレスイヤフォン「YEVO」初上陸

f:id:megnews:20170807232401j:image

スウェーデンストックホルムに本社を置くYEVO Labsのフラッグシッププロダクト「YEVO1」が、8月9日に日本で発売される。価格は税別2万7,630円。イヤフォンとヘッドフォン専門店「e イヤホン」で先行で取り扱い、全国の量販店および「エストネーション(ESTNATION)」などのセレクトショップでも販売が予定されている。

f:id:megnews:20170807232431j:image
 YEVO Labsは「ハッピープラグス(Happy Plugs)」のクリエーターにより誕生。新世代のトゥルーワイヤレスイヤフォンとして提案する「YEVO1」には消費電力を低く抑えながらデータを転送できるNFMI(Near-Field Magnetic Induction/近距離磁界誘導)ペアリング技術が搭載され、ペアリング中のドロップアウトを解消し、安定した接続性で優れたパフォーマンスを実現した。音響システムはノウルズ(Knowles)社の高性能なバランスドアーマチュアドライバーと最新のオーディオテクノロジーを採用し、優れた中高域とタイトな低音を歪みなく再生。イヤフォンを耳に挿入した瞬間からパッシブノイズアイソレーションが作動するなど操作性にも優れ、周囲の音を聞きたい時はオーディオトランスペアレンシーモードを起動させることにより通勤中の音など聞くことができる。また、3つのビルトインマイクロフォンを内蔵し、通話や曲のコントール、音量調整、SiriやGoogle アシスタントなど全てタップのみでコントロールすることが可能。専用アプリではイヤフォン充電残量を表示するほか、今後はイコライジングや低音のブースト、タッチコントロールやオーディオトランスペアレンシーモードのカスタマイズ機能などが追加される予定だ。

f:id:megnews:20170807232440j:image

 カラーバリエーションは、ゴールド、ローズゴールド、グロッシーブラックにそれぞれアクセントに取り入れたオニキスブラック、アイボリーホワイト、ジェットブラックの3色を展開。ファセット加工されたハウジングと滑らかなシルエットがデザインの特徴となっている。

画像: YEVO Labs

 

〈情報ソース〉

https://www.fashionsnap.com/news/2017-08-06/yevo/

 

 

 

北欧家電! 水耕栽培器までおしゃれ

f:id:megnews:20170728003631j:image

 北欧は白物家電だけではない。デジタル機器や小型家電にも、モダンかつ機能的な逸品が数多くある。

 まず薦められるのが、「Plantui 6 Smart Garden」。日照時間が短いフィンランドで開発された水耕栽培器で、屋外菜園を造るスペースを確保しにくい日本の都市生活者にも最適だ。水と栄養剤をタンクに入れ、種子が入った専用カプセルをセット。あとは、栽培プログラムが植物の成長に合わせて光や水の供給量を自動で調整してくれる、まさに“植物栽培ロボット”だ。無駄な装飾がなく、リビングにもなじみやすい。

 代わり映えしないデザインが多いコーヒーメーカーも、北欧企業の手にかかればここまで変身する。「Wilfa Svart Precision オートマティック コーヒーメーカー」は、給水用ボトルとドリップ部が離れた特徴的な構造で、モダンなデザインが魅力。水の量に合わせてダイヤルを調節するだけで、マシンが抽出に最適な温度と速度を緻密に制御。プロの本格ドリップを誰でも手軽に楽しめる。

 室内にいる時間が長く、音楽や映像を楽しむ文化が色濃く根づいている北欧には、優れた音響機器メーカーも少なくない。なかでも、フィンランドジェネレックは、世界中の音楽スタジオや放送局などがこぞって導入するプロ御用達のメーカー。一般向けにも展開しており、「G One」は全高が僅か200mm弱と小型ながら、音圧と豊かな低域再現性に秀でる。
光を自動調整、リビングになじむ“栽培ロボット”

f:id:megnews:20170728003643j:image
早いものなら約3〜5週間で収穫できる。植物の成長段階に応じて最適な光を自動で照射する
Plantui 6 Smart Garden(フィンランド プラントゥイ/リビング・モティーフ)
実勢価格5万1840円(税込み)

 日照時間の少ないフィンランドで開発されたインドア用水耕栽培器。高品質なLEDに加え、独自の栽培プログラムを搭載し、植物の成長段階に合わせて光の波長や強さを自動で調整する。専用の種子入りカプセルを本体にセットし、水と栄養剤を加えるだけで用意は完了。季節を問わず、ハーブや葉物野菜を栽培できる。
温度と速度を厳密に制御するコーヒーメーカー

f:id:megnews:20170728003648j:image
タンクに水を入れると、適温に加熱されて右側上部からドリップされる
Wilfa Svart Precisionオートマティック コーヒーメーカー(ノルウェー ウィルファ/二子玉川 蔦屋家電)
実勢価格6万円(税込み)

 ノルウェーバリスタ世界チャンピオンが監修したコーヒーメーカー。独自開発のヒーティングシステムを採用し、最適な抽出温度とドリップ速度をマシンが自動で調整してくれるのが特徴だ。知識がなくても本格的なコーヒーを手軽にいれられる。
心拍計測のパイオニアが開発したスポーツ用スマートウォッチ

f:id:megnews:20170728003706j:image
画面下部に配置されたボタンを押すと、すぐにトレーニングメニューを呼び出せる
Polar M600フィンランド ポラール・エレクトロ)
実勢価格4万4800円(税別)

 フィンランド発祥のポラール・エレクトロが開発した、Android Wear対応のスポーツウォッチ。6つのLEDを使った手首型心拍計を備え、多様なトレーニングに活用できる。同社は、世界で初めて着用式無線心拍数モニターを発売したメーカーでもある。測定精度の高さには定評があり、プロからの信頼も厚い。
音質の良さでプロに支持される超小型スピーカー

f:id:megnews:20170728003717j:image
本体には、低域の再生に適したアルミダイキャストを使用している
G One(フィンランド ジェネレック/オタリテック)
実勢価格8万6350円(2本・税込み)

 フィンランドジェネレックは、レコーディングスタジオ御用達のメーカー。ホームオーディオ向けのスピーカー「G One」は、全高200mm弱の小型サイズながら、豊かな低域の再生能力と音圧を備える。スマホやパソコンとつなげば、簡単に高品質なホームオーディオを構築できる。
多様な設置方法に対応、裏側まで“魅せる”テレビ

f:id:megnews:20170728003721j:image
背面まで、無駄を省いたデザインで統一。チューナーは非搭載
BeoVision Horizon(デンマーク バング&オルフセン
実勢価格54万6000円(40型・税別)

 Android TVに対応する4Kディスプレイ。フレームはアルミニウムの削り出しで、デンマークらしいミニマルなデザインが特徴だ。背面に接続したケーブル類もパネルで覆われ、どこから見てもスマート。壁掛けブラケットやキャスター付きスタンドなどを別売りオプションとして用意する。
スピーカーらしからぬ立ち姿、音質、使い勝手ともに優れる

f:id:megnews:20170728003817j:image
NFC対応のスマホを本体にかざすとペアリングが完了。バッテリーを備え、持ち運んで使いやすい
fjord mini(デンマーク タンジェント二子玉川 蔦屋家電)
実勢価格3万1320円(税込み)

 デンマークを代表するデザイナー、ヤコブ・イェンセンがデザインしたBluetoothスピーカー。NFCによるペアリングや低圧縮で音質に優れるコーデックapt-xに対応するなど、機能面も充実している。

 

文/日経トレンディ編集部

(※日経トレンディ2017年5月号の記事を再構成)

 

〈情報ソース〉

http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1008498/062800808/?ST=trnmobile_f

 

 

「イッタラ GINZA」が閉店、日本初路面店として約9年営業

f:id:megnews:20170725213054j:image

フィンランドの食器メーカー「イッタラ(iittala)」の日本初の路面店である「イッタラ GINZA」が、7月30日をもって閉店する。

 イッタラ GINZAは2008年11月、銀座のみゆき通り沿いにオープン。当時、松屋銀座をはじめ、大阪や京都、横浜などにショップインショップなどを展開していたが、路面店は同店が初めてだった。オープンから約9年の歳月を経ての閉店となる。閉店に伴い、7月30日までセールを行っている。

 同ブランドを展開するフィスカース社は、松屋の連結子会社スキャンデックスとの商品供給契約を年内をもって終了。イッタラ GINZAの閉店はテナントの契約満了に伴うもので、他店舗の今後については現状未定だという。

 

〈情報ソース〉

https://www.fashionsnap.com/news/2017-07-24/iittala-ginza-close/

 

スウェーデン発のフレグランス「ムロセンツ」が日本初上陸

f:id:megnews:20170724001124j:image

 

スウェーデン発のフレグランスブランド「ムロセンツ(MURO SCENTS)」が日本に初上陸した。現在、「アーバンリサーチ(URBAN RESEARCH)」表参道ヒルズ店、アメリカのセレクトショップ「ニード サプライ(Need Supply Co.)」渋谷・松濤店で取り扱いがある。

 2015年に設立された「ムロセンツ」は、日々の生活に寄り添う至高の香りと、クラフトマンシップによる先鋭的デザインが特徴のホームフレグランスプロダクトを展開。北欧の自然を表現したシグニチャーの「NORDIC MUSK」をはじめ、「JASMIN」「ROSEMARY」「SANDALWOOD」などの香りを取りそろえ、リードデュフューザー(4,500円)やルームスプレー(3,500円)、フレグランスオイル(6,000円)、インセンス(20本入り2,000円/いずれも税別)をラインナップする。

 

〈情報ソース〉

https://www.fashionsnap.com/news/2017-07-20/muroscents/

 

「パディントン2」日本公開は18年1月!

f:id:megnews:20170721232505j:image

 特報映像も完成!
(C)2017 STUDIOCANAL S.A.S All Rights Reserved.
[映画.com ニュース] 

 

6月に死去した作家マイケル・ボンドさんの名作児童文学を実写映画化した「パディントン」の続編となる「パディントン2」が、2018年1月に日本公開されることが決まり、特報映像が披露された。さらに日本語吹き替えキャストは、パディントン役の松坂桃李をはじめ、古田新太斉藤由貴三戸なつめが続投することも明らかになった。
世界40カ国以上で翻訳され、3500万部以上を売り上げるイギリスの児童文学を実写化した「パディントン」は、南米ペルーのジャングルから英ロンドンにやってきた小さなクマの冒険物語。全世界興収328億円を記録し、米映画批評サイトRotten Tomatoesで満足度98%の高評価を獲得した。
前作に続きポール・キング監督がメガホンをとる今作は、骨董屋で売られていた絵本が何者かに盗まれ、パディントンとブラウン一家が犯人探しに奔走する。さらにシリーズ初参加のヒュー・グラント扮する敵フェニックス・ブキャナンの出現により、パディントンの身に危険が迫る。
吹き替え版でパディントンの声を務める松坂は、「日本公開が決まり、素直に嬉しいです。アフレコはこれからになりますが、紳士でおっちょこちょいなパディントンが今回はどんなことをしてくれるのか、成長しているのか、相変わらずなのか、今から楽しみで仕方ありません」と続投の喜びを語る。「皆様にパディントンのパワーアップした世界をお届けできるよう、全力で言葉を吹き込んでいきます」と気合い充分だ。
一方、ブラウン家のお父さん役の古田も「またあの礼儀正しい彼に会えるのか。これは楽しみだ」と期待を寄せる。ブラウン夫人に息吹を注ぐ斉藤は、「この作品に関わることで、私もいろんな『心のプレゼント』をいただけます。今回はどんな素敵なプレゼントをいただけるのか、今から楽しみです!」とアフレコが待ちきれない様子。娘ジュディ役を担う三戸は、「あの可愛いパディントンにまた会えるのが楽しみでしかたありません!」と喜びを爆発させている。
特報映像は、パディントンが窓拭きのアルバイト中に、バケツの水を頭からかぶってしまうキュートな姿を収めている。「パディントン2」は、18年1月から日本公開。

 

〈情報ソース〉

http://eiga.com/news/20170721/4/